パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊@4DX

このシリーズ自体、それほどハマっていなかったこともあり、前作までのストーリーもキャラも、しっかり頭に入っていたわけじゃなくて、最後の最後にオーランド・ブルームが出ていたことに気付いたくらいだった。楽しめないというより、合わないって感じかなぁ。

じゃ、なんでハマってもいないシリーズの映画を観に行ったかというと、とりあえず4DXだからだ。水の噴出量200%という宣伝で、期待して行ったが、そこまで多いとは感じなかった。この辺は、劇場の設定のせいかなぁ。

さて、4DX対応映画は、およそ2週間で新タイトルに代わるんだけど、パイカリが人気過ぎて、次の新作カーズ/クロスロードの上映回数が食われているみたい。まぁ、まだそれはいい。その次に控えているのが、ザ・マミーと東京喰種で、同時に2タイトル上映となって、ただでさえ少ない4DX上映スケジュールを食い合ってしまう。おまけに、その週はワンフェスで映画どころじゃない。その次には、2週間後ではなく、翌週にトランスフォーマーが始まってしまうので、どう考えても全部の映画を観る時間が無さそうだ。その後は、まだまだスパイダーマンワンダーウーマンもあるんだよ、大変だよ。