加計学園問題?

マスコミが連日、騒ぎ立てる加計学園の問題。

7月10日に参考人として呼ばれた加戸守行元愛媛知事の発言をネットで通して視聴したけれど、本質を突いた内容で、実に興味深かった。

(同じ参考人の前川氏の言葉は饒舌ではあるが、自分が「〜だと思う」の個人的な発言ばかりで何も入ってこない・・・)

本当に、いったい何が問題なのでしょうか??

どちらの言い分が説得力があったかは明白。

寧ろ余計に加計学園を応援したくなったは!

でも。案の定というか、あれだけ重要な発言をされているにも拘らず、現在に至るまで、一部を切り取っての偏向報道や(意味が全然違う!)まるで加戸氏の存在自体が無かったかのような報道姿勢には寒気がする。

異常で異様ですよ。

政権支持率を下げたくて下げたくて仕方のないマスコミや、一部の既得権益に拘る方々にとって、よっぽど都合が悪いのが透けて見える。

余談ですが

加戸氏が、今治タオルのストール巻いて発言されている事にも好感が持てた。

人柄や品性は顔つきや身だしなみ、物言いに出るものなのかも。

同じ官僚出身者でも、こうも違うものなのね。

本来、公人とはこうあってほしいな。

ただ、同じ動画を見て、全く反対の感想を持つ人もいることに驚く(すごく不思議)

なんでも「結論ありき」で考えると、そんなものなのかしら?

広告を非表示にする